採用情報採用情報

社員旅行

2016年度の社員旅行

画像

2016年度の社員旅行はベトナムへ行きました。
前年までは東京、福岡のアルス・ノヴァメンバーとアルス・ノヴァ ベトナム(VAN)のメンバーで実施してきましたが、2016年度は福岡の取引企業の方々にもご参加いただき旅行を楽しみました。
現地の観光や食事、VANへの訪問などのイベントを通じて両社の交流が深まるとともに、今後のIT業界におけるベトナムの重要性について認識を深めることができました。

画像画像

旅行委員

社員旅行の準備は旅行委員の役割です。
準備には目的地の選定、旅行会社との交渉や参加者の取り纏めなどがあり、日頃の業務と違い不慣れなこともあるため大なり小なり問題が発生することもありますが、これらに対応しながら準備を進め、旅行が終わったときには良かったことも苦労したことも自分の経験として後に活かせることが旅行委員の魅力です。

旅行先の選定

近年、ベトナム進出やベトナム人の採用に興味を持つ企業が増えています。また、VANからベトナム人技術者を採用して日本で受け入れる会社も増えてきています。
今後もライバル企業が増えることやVANでのベトナム人採用が増えることを考えると、日本側の意識をベトナムへ向け、ベトナム事業への理解を深め協力する体制をつくることが不可欠と判断し、目的地をベトナムとしました。

旅行会社との交渉

旅行の費用は抑えても内容は充実させたいもので、複数の旅行会社へ見積もりを依頼し内容を検討しました。旅行会社との交渉は旅行委員の腕の見せどころで、予算上限、旅行の時期、日数など様々な条件・制約があるなかで最善の旅行内容になるように調整をしていきます。

参加者

今回はアルス社員の他に取引企業の方々にもご参加いただいたき賑やかになりました。

安全教育

現地でトラブルに巻き込まれないために気を付けることを中心に、旅行委員が調査した結果を参加者全員に説明しました。
海外では法律、風習の他にも食事のマナーやトイレの使い方などの日常生活まで日本とは異なることが多いです。特にベトナムは交通事情が日本とは大きく異なり、道路を埋め尽くすようなバイクの大群に驚きます。
事前に現地の情報を仕入れておくことは非常に重要で、そのための安全教育は必ず行っています。高橋会長からはバイクが走る道路を歩いて横断する方法の話もありましたが、現地に何度も行って慣れないうちは難しいかもしれません…。

しおり

旅行会社から配られるものとは別に社内でしおりを作成しています。旅行委員が作成した記事をデザイン部のメンバーが冊子として仕上げたもので、旅程の他に滞在時の注意、入出国の手続き、持ち物チェックリスト、タクシーの乗り方など細かなことまで載っていて、市販のガイドブックにも引けを取らない完成度になったと思います。

画像画像

ベトナム滞在

東京からベトナムまでは飛行機でおよそ6時間です。
ホーチミン市にあるマジェスティックサイゴンという5つ星の高級ホテルに宿泊しました。1925年に建築された伝統あるホテルで、外装から各部屋まで豪華な造りです。ベトナム内外の有名人も利用しているそうで、また宿泊したいと思えるホテルでした。
現地では全員参加のイベントの他は自由行動です。旅行先の選定は事業を意識しましたが、一番の目的は社員の慰労です。ホーチミン市内を観光したり、リゾート地まで行ってみたりと各々が計画したツアーを楽しみました。取引企業の方々とはメコン川のクルーズツアーやホーチミン市でのショッピングを楽しみました。また、アルスメンバーと一緒にVANへ訪問していただき、VAN社員と交流を深めました。
全員参加のイベントではレストランで食事をとりビンゴゲームで楽しみました。
レストランでは周りのお客さん達もお酒を飲んだりおしゃべりをしたり(日本で同じことをすると店員さんに注意されると思えるくらいに)大いに盛り上がっていました。食事の楽しみ方の違いや現地の活気を感じました。

画像画像

帰国後

全員無事に帰国しました。
取引企業の方々とは旅行が終わってからも活発に交流を続けています。
今回の旅行でよりよい関係を築くことができ、両社の担当者も頑張った甲斐がありました。

振り返り

KPTonを使って社員旅行の振り返りを行いました。良かった点(KEEP)、問題点(PROBLEM)、次回の課題(TRY)について旅行委員メンバーで纏めました。今後よりよい旅行ができるように、知識を積み重ねています。

2014年度の社員旅行

画像

2014年度の社員旅行では、グアムに行きました。2014年度はグアム組とベトナム組に分かれ、グアム組は10月9日~12日の3泊4で参加者は13名でした。社員旅行なので、全員で集まって食事をしたりする社内イベントもありますが、全員で行動するのは、行き帰りと社内イベントの時位で、自由行動が8割といった感じです。
滞在中は気の合う社員同士で出かけたり、一緒に参加した家族や友人と行動したり、それぞれ違った形で満喫しました。旅行委員としての主な仕事は当日までの準備です。苦労も多かったですが、社員のみなさんが非常に協力的でした。

画像画像

旅行委員の選出

5月12日、今回指名された3名と前年度の旅行委員の委員長の計4名が2014年度の旅行委員として選出されました。旅行委員は全社員が持ち回りで行っています。
話し合いの結果、今年度は私が委員長を務めることが決まりました。

目的地

まず旅行委員で、どこに行きたいかを話し合いました。13箇所ほどピックアップしました。旅行会社のウェブサイトでおおよその料金を調べて、予算内に収まりそうにないものを除外して、グアム・サイパン、ニューカレドニア、台湾の3つに絞りました。全社員にアンケートをとって、1位ニューカレドニア、2位グアム・サイパン、3位台湾となりました。

旅行会社

いくつかの旅行会社へ見積もりを出して、返事の早かった2~3社に詳細な見積もりをお願いしました。日程については、社員が現場調整を比較的しやすいであろう10月で、ニューカレドニアだけでなく、グアム・サイパン、台湾もお願いしました。この時点でニューカレドニアだと予算が大幅に超えるということがわかり、目的地がグアムとなりました。ホテルなども色々な条件を提示して、最終的に一番安い料金で、かつ特典が色々つくということでJTBさんにお願いしました。この段階で10月9日~12日の日取りが決まりました。

画像画像

参加者

2014年度グアム社員旅行参加者の募集をしました。旅行会社側としても、私たち旅行委員としなるべく早くに人数を確定させたいのですが、非常に難しいところでした。今回はベトナム人のクーンさんが初参加ということで、ビザの申請をしなければなりません。アメリカ大使館とのやり取りをクーンさんにお願いしたのですが、色々必要な情報や書類があり、期日に間に合わないということがわかり、残念ながら今回クーンさんは不参加となってしまいました。手続きにかなり時間が必要なので、次回への課題としたいと思います。

安全教育

現地でトラブルに巻き込まれないために気を付けることを中心に、旅行委員が調査した結果を参加者全員に説明します。内容は毎年変わりますが、法律や風習等も注意します。

しおり

旅行会社から配られるものとは別に、会社内でもしおりを作成しています。今回もしおりの担当者ががんばってくれたので、クオリティは高いです。内容としては、グアムについての基本的な情報と、ホテルでの部屋割り、安全教育で説明した緊急連絡先の電話番号等かゆいところに手が届くようなものになっています。

その他

社内イベントの会場の予約や、急遽参加できなくなった人の調整をしたりなど、直前までドタバタしつつ、社員旅行に臨むことになりました。

画像画像

旅行初日

前回の社員旅行の際には、成田までの電車が止まってしまい。多少の混乱がありましたが、今回は特にトラブルもありませんでした。社長は残念ながら今回不参加でしたが、空港まで見送りに来てくれました。

グアム滞在中

滞在中はあまり遊べないと思っていたのですが、プールに行ったり買い物にいったり、ご飯食べたり遊ぶ時間が多くとれました。社内イベントに関しても事前に大体の流れは決まっており、準備に追われることもありませんでした。

帰国後

台風の影響を心配していましたが、大きなトラブルもなく無事帰国となりました。

振り返り

KPTONを使って社員旅行の振り返りを行いました。今回の社員旅行で、良かった点(KEEP)、問題点(PROBLEM)、次回への課題(TRY)を参加者に挙げてもらいました。次回の社員旅行の課題としたいと思います。

採用に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら