採用情報採用情報

STAFF VOICE 01

STAFF VOICE 01 日々の仕事で
成果を出しながら、
将来のためにも
成長していきたい

加藤 正基Masaki Kato

海外事業部 副事業部長

現在の仕事について教えてください

画像画像

現在は小売り業界の大規模システムの機能開発をしています。設計フェーズから参画し、開発・テストと一連の工程に携わっています。
扱っているデータ量がとても多いシステムので、パフォーマンスや性能面を重視して開発しています。
案件毎に求められる知識が違ってくるので、常に勉強しつづけなくてはいけないのですが、どういう本を読んだら良いか、どういう考え方を持って日々仕事をすべきか、先輩方が随時アドバイスをくれるので、目標を持って仕事をすることができています。
また、毎月部会があり、仕事をする上で実践しているちょっとしたコツなどを発表しあったり、他の社員がどんな仕事をしているのかを教えてもらったりできるので、日々の仕事で活かせるようなヒントをいつももらっています。飲み会もよくあるので、社員同士の交流は活発なほうだと思います。

アルスで働く魅力について教えてください

画像

アルスでは役員や社員が講師となって他の社員に知識や経験をトランスファーする勉強会の制度があります。私もアジャイルの勉強会やOracleの勉強会などいくつかの勉強会に参加しました。自分の知っていることを他の人に話すことも理解を深めるための良い勉強になると思うので、いつかは自分も勉強会を主催したいと思っています。他にはプログラミングコンテストというのが毎年開催されています。
前回のコンテストでは私も他の社員と一緒に作ったサービスを出品して佳作をいただきました。笑
次回も参加したいと思うので、いまから何を作ろうか考えています。こういった社員の成長を啓発するための取組がいろいろとあるので、積極的に利用してスキルアップに活かしたいと思います。
また、アルスは海外進出していてベトナムに子会社があります。そのため、ベトナムの子会社から日本の仕事を学ぶためにエンジニアがやってきます。そんな彼らを支援するための集まりに参加していて、そこでは貴重な経験を積むことができています。
例えば、日本のビジネスマナーや日本語を教えたり、日本での生活を支援しています。文化が違う国での生活では慣れないことや戸惑うことが多いのですが、それを克服できないと彼らも日本で仕事をしていくことができないので、日本人にとっては当たり前と思うようなことも教えています。特に日本のビジネスマナーは彼らにとってはとても難しいようで、慣れるのに苦労しています。あとは、日本を好きになってほしいので、スキーに行って遊んだり、富士山に連れて行ったりして、自分も楽しみながら活動しています。ベトナムでは日本のアニメが人気なので自分もアニメを見て勉強するのが今後の課題です。笑
将来は彼らと日本・ベトナムの枠に とらわれずに一緒に事業を構築できたら面白いと思っています。

画像

将来やりたいことを教えてください

画像画像

まずはエンジニアとしての能力をもっと高めたいと思っています。学習を支援する制度や先輩方も積極的にアドバイスをくれるなど、社員の成長を促す風土があるので、その中でスキルを高めていきたいです。また、海外事業にも興味があるので、もっと関わっていきたいと思います。そして、海外事業を成功させて、いずれは海外と連携したサービスを立ち上げたいと思います。日々の仕事で成果を出しながら、将来のためにも成長していきたいと思っています。

採用に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら